×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

びっくり プレゼント

びっくりプレゼント「月の土地」を贈るとは?

びっくりプレゼントを贈るなら月の土地なんてどうでしょう。
「月の土地」を贈り物としてプレゼントできるんです。

クリック>>「月の土地」をプレゼントする。



まるで冗談のような話です。「行くこともできない月に土地を所有してどうするんだ」と笑う人もいるでしょう。はい。それで良いんです。この「月の土地」は、そういう冗談半分のプレゼント。しかし、売っている会社「ルナ・エンバシー」は、なかなかどうして、きちんと法的な裏付けを持って販売しているのです。

「月の土地」なんてプレゼントできるのでしょうか?

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。ホープ氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べたそうです。

すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、宇宙条約しかないことがわかりました。この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

合法的に月を販売しようと考えたホープ氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。月の土地の所有権を申し立てるなんて、変な届けですが、法的に書類が整備されていれば、お役所は受け付けるしかないのでしょうね。これで、法的に月の土地は、ホープ氏の所有物となったわけです。

ホープ氏は、念のため月の権利宣言書を作成して、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦に提出しました。この宣言書に対してどの機関も国も異議申し立て等が無かったそうです。これによって、ホープ氏の月の権利宣言書は、認められたと解釈できることになりました。

ついにホープ氏は、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立しました。この会社で、ホープ氏は月の土地を販売し、権利書を発行するという、念願の「地球圏外の不動産業」を開始することができたのです。

>>ルナ・エンバシーの月の土地分譲ホームページはこちら<<

どうです?ホープ氏は、最後には国連にも所有権の確認を求めています。本気度が伝わりますねー。さらに、ホープ氏は、この権利書を振りかざして、NASAの活動を妨害したり、他人に迷惑をかけることができないように、「月憲法」も制定されていています。

ここまで、本格的に考え手を回しているとなると、たわいもない冗談とは言えなくなってきます。

月の土地の所有者には、歴代アメリカ合衆国大統領やNASA職員、ハリウッドスターも名を連ねているそうです。世界では130万人日本でも15万人月のオーナーとなっているのです。

月の土地の値段はどれほどなのでしょう?

1エーカーで2700円です。
1エーカーとは、サッカーグランド1面分くらいの面積です。その広い土地が、3000円を切る値段で手にはいるのです。すごい話です。もちろん、持っててどうする?ッて話もありますが(笑)とてもお買得なのは変わりません。この値段で売っているうちに、手に入れておくべきでしょう。

みんなが気軽にロケットに乗って月にいけるようになれば、月の土地がこの値段で分譲されることはないでしょう。

>>びっくりプレゼントに「月の土地」販売サイトはこちらです<<

 

サイトマップ

身長アップ川本彩外反母趾